【0922889510】の着信は、太陽光発電に関する営業電話

電話番号0922889510【092-288-9510】からの着信は、太陽光発電に関する営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、太陽光発電の営業電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0922889510】の電話番号情報と着信の内容について


0922889510【092-288-9510】の電話番号に関する情報

業者名
名称不明
電話番号
0922889510【092-288-9510】
着信の内容について
太陽光発電システムの導入を勧める営業。太陽光発電パネル等を既に設置しているか質問してくる。
営業電話といった優先度の低い用件となりますので、現在取引中の業者の中に該当番号が無ければ、不在着信に対して特にアクションしなくても構わないでしょう。


太陽光発電営業の電話が掛かってきた時の対処法は?

電話の対応法について

突然掛かって来た通信回線の乗換営業の電話を受けた際、対処法として最も大切なのは、担当者に「興味のある・なしを明確に伝えること」です。
もし、回線の乗換を考えていないのに相槌を打ってしまうと、契約の見込みがあると思われる可能性があります。
それだと営業担当者にも私達にも双方の時間の無駄になってしまうため「YESかNOか意思をはっきり伝える」ことを心掛けましょう。
また、お断りした場合は今後の事も考え、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨とリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくということも忘れずに行っておくのがオススメです。


太陽光発電の営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

太陽光発電に関する営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当は別の業者なのにもかかわらず「東京電力です」「関西電力からのご案内です」などと名乗り正式な業者名を名乗っていない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


突然掛かってくる光熱費アンケートに注意!


最近、光熱費に関するアンケート電話が増えており、電話を取ると自動音声ガイダンスで設問に回答するよう案内されますが、安易に回答するのは控えた方が良いかも知れません。
なぜなら、これはアンケートを装う営業の下調べである可能性があるからです。
もし回答してしまうと、電話番号情報の他にも月々の光熱費、契約している電力会社、ソーラーパネルの有無など重要なデータを渡してしまうことになるからです。
恐らく、回答したアンケート結果をもとに見込客になるかどうかを判断し、顧客になりそうな電話番号だけを選別して営業リストに入れようという考えなのでしょう。
このようなアンケートに回答しても、こちらには一切メリットがありませんので、掛かって来た時は即お断りしても構わないかと思われます。


太陽光発電営業の電話対応法 まとめ

太陽光発電の営業電話は、ソーラーパネルの導入や蓄電池に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
また、いきなり電話を掛けてきて「太陽光パネルを設置しませんか?」などと誘われても、太陽光発電の設備は高額のお金が掛かりますから、即決できるような案件ではありません。
興味がない・必要がないと思った場合は、ファーストコンタクトの段階で「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。


【関連】太陽光発電に関する営業電話の類似事例について

今回と同様のケースについては、以下の記事でも詳しくご紹介しております。
ここに記事URLを入力
今後の電話対応の際に、知識としてお役立て頂けると幸いです。