【0120311251】の「銀行協会を名乗る電話」が着信した場合の対処法について

電話番号0120311251【0120-311-251】から「銀行協会を名乗る着信」があった場合は注意した方が良いかもしれません。
ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、銀行協会を名乗る電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0120311251】の電話番号情報と着信の概要について

電話番号の着信情報について

0120311251【0120-311-251】の電話番号情報について

業者名銀行協会を名乗る
電話番号0120311251【0120-311-251】
電話の概要「クレジットカードが不正利用されています」といった内容の着信。
なお、実際の全国銀行協会の電話番号を調べたところ、上記と一致する電話番号はありませんでした。


【0120311251】から電話が掛かってきた時の対処法は?


仮にカードの不正利用があった場合は、全国銀行協会からではなく利用中のカード会社から何らかの連絡があるはずですので、今回の電話は銀行協会からの電話ではない可能性が高いです。
もし、上記の電話番号から銀行協会を名乗る着信があった場合は、その対処法として「不正利用の事実についてカード会社に確認します」等といって個人情報を一切伝えずに切電してしまうのが無難です。
また、本物の全国銀行協会に対し、このような電話があったことを情報提供しておくと、同様の電話による被害防止のためにも有効かと思われます。
今回と同じ番号からの電話を取らないよう着信拒否リストに入れておくのも被害防止のためには効果的ですので、これも忘れずに実施しておきましょう。


詐欺の電話を判別するコツについて

電話の対応法について

詐欺の電話は、公的機関が営業していない土日や祝日にも掛かってきます。
また、以下のような「よく使われるキーワードや文言」がありますので、その内容を覚えておくことが「手っ取り早く判別する方法」としてオススメです。
市役所や区役所の「健康保険課」を名乗る

医療保険などの「還付金がある」と説明

「先日、送付した封筒は届いていますか?」

「返金手続きをするので、ご利用の銀行口座の情報を教えてください」
電話でこのような文言が出てきたら詐欺の可能性が高いので、個人情報を伝えずに切電するのが無難です。
これらの点を踏まえ、詐欺業者の策略にはまらないよう十分に注意しておきましょう。


役所を名乗った累積医療費に関する電話着信の事例について

今回のように、役所を名乗って「累積医療費の還付」に関する電話をかけてくるといった還付金詐欺と思われる着信が最近は増えています。
【0366719056】の役所を名乗る「累積医療費に関する電話」に注意!
ここでは、電話番号0366719056【03-6671-9056】から「役所を名乗った累積医療費に関する着信」があった場合の対処法について、電話番号情報と併せて詳しくお伝えしていきます。 【0366719056】の電話番号情報と着...
同様のケースについては上記の記事でも詳しくご紹介していますので、被害を回避するためにお役立て頂けると幸いです。


還付金詐欺の被害に遭いやすい人の特徴とは?


還付金詐欺に特に注意して頂きたいのは、役所や銀行など「世間的に信用度の高い団体」に所属する相手をすぐ信用してしまうタイプの人です。
なぜなら、このようなタイプの人は、役所の名前を名乗って掛かって来た電話を信用し、個人情報を話してしまう可能性が極めて高いからです。
また、ATMなど機械の操作に慣れていない人も要注意で、還付金詐欺の電話に言葉巧みに誘導されて銀行のATMを指示通りに操作し、還付金を貰うはずが逆にお金を振り込んでしまったというケースも存在するといいます。
役所や銀行の名前を名乗っていても、本当に相手がそこに属する人物なのかは確かでありません。
詐欺被害の回避のためにも、すぐに相手を信用せず「どこか話の内容に違和感はないのか?」について考えながら対応するのがオススメです。


還付金に関する不審な電話の対処法 まとめ

一般的に、役所では還付金がある場合は文書での通知となるため、電話を掛けて口座情報を聞いたり、銀行の職員と連携してATMを操作させようと案内した場合は還付金詐欺を疑い、すぐに切電してしまうのが賢明です。
例え還付金詐欺の電話が掛かって来ても、個人情報を一切教えずに切電すれば被害を回避することが可能です。
還付金詐欺の被害に遭わないよう、「役所」と「医療費の還付」という2つのキーワードが入った電話には、くれぐれもお気を付け下さい。