【0676534614】の着信は、排水管の清掃業者による営業電話です。

電話番号0676534614【06-7653-4614】から着信は、排水管の清掃業者による営業電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、排水管清掃の営業電話が掛かってきた時の対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【0676534614】の電話番号情報と着信の内容について


0676534614【06-7653-4614】の電話番号に関する情報

業者名不明
電話番号0676534614【06-7653-4614】
着信の内容排水管の掃除をしませんか?といった営業
営業といった優先度の低い用件のため、不在着信に対して急いでアクションしなくても構わないかと思われます。


訪問を伴うサービスの営業に関する注意点について

電話の対応法について

インターネット回線や不用品買取、掃除業者など訪問を伴うサービスの電話営業が掛かって来た時は、本当にその業者が信用のおける業者なのか事前に調べておくことをお勧めします。
その理由は、過去に行政指導されているのにも関わらず業者名を偽りながら営業を続けている業者や、顧客に電話口での説明よりも遥かに高いサービス料金をふっかけ、支払うまで帰らないといった悪質な業者が存在しているからです。
そういった業者を家の中に入れてしまうと、何をされるか分からないため大変危険です。
例え警察を呼んでも、警官が駆けつけてくれるまでは怖い思いをすることになりますので、身の安全のためにも業者の情報を事前に集めておくよう十分に注意しましょう。


営業電話に関する特定商取引法の取り決めとは?

営業電話と特定商取引法について

商品やサービスの営業を目的とした電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、売ろうとする商品名だけを前面に押してきて業者名を名乗らない場合は、特商法第16条が遵守されていないことになります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


排水管清掃の営業電話に関する同様の事例について

最近は、遠方の業者からの排水管清掃に関する営業電話が多くなっています。
【0676397129】からの電話は、排水管の清掃業者による営業電話
0676397129【06-7639-7129】の着信は、排水管の清掃業者からの営業電話となります。 ここでは、上記の電話番号情報をはじめ、営業電話が掛かってきた時の対応について詳しくお伝えしていきます。 【0676397129...
上記の記事でも同様のケースについて詳しくご紹介しておりますので、今後の電話対応の際にお役立て頂けると幸いです。


営業電話の個人情報はどこで収集されているのか?


営業電話を掛ける時に使用される個人情報は、私達があまり意識していないだけで、実は様々な場面で収集されています。
例えば、カード会員を対象とした商品営業では、カードの契約の際、個人情報を関連企業の営業に使用する場合がありますという内容の項目に「同意」のチェックマークを付けてしまっている可能性があります。
また、ショッピングモールなどで実施されるキャンペーンのプレゼント応募や、商品アンケート等でも小さい文字で「記載された個人情報を関連会社で共有する」などといった内容が記載されていることがあり、それをあまり読まずに応募して、後日営業電話が掛かってきて「どこで情報が漏れたのだろう」と疑問に思われる方も多いようです。
営業電話を減らしたい場合は、何かを契約する際やキャンペーン応募などの際に「個人情報について書いてある項目」に目を光らせ、迂闊に同意してしまわないよう気を付けましょう。


営業電話の対応方法 まとめ

営業電話は、仮に興味がない場合、電話に出ても単なる時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて説明されても、他のサービスと比較検討する十分な時間もないですし、違約金が掛かる可能性もあるため安易に話に乗ってしまうのはリスクがあります。
そのため、少しでも不安に感じた点がある場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが双方にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。