【05053057968】は「電話機の市場調査」と称するビジネスフォン営業の電話です。

電話番号05053057968【050-5305-7968】からの着信は、「電話機の市場調査」と称したビジネスフォン営業の電話となります。
ここでは、上記の電話番号情報と対応方法について詳しくお伝えしていきます。


【05053057968】の電話番号情報と着信の内容について


05053057968【050-5305-7968】の電話番号に関する情報

業者名
「エムズ」と名乗る
電話番号
05053057968【050-5305-7968】
着信の内容について
「電話機の市場調査」といった文言で、現在利用している機器のメーカーや製造番号について質問してくる/td>
現在とくに取引中の会社でなければ、営業といった優先度の低い用件のため、不在着信に対し急いでアクションしなくても構わないでしょう。


「電話機メーカーの調査」を称する電話の目的は何なのか?

電話の対応法について

電話機の市場調査を名乗り「現在ご利用の電話機のメーカーは何ですか?」と質問してくる電話が掛かって来た場合、その目的は「ビジネスフォンの営業」である可能性が極めて高いです。
事前にどのメーカーの電話機を使用しているかが分かれば、後日どのメーカーのビジネスフォンの営業をかければ良いかを判断できるため、恐らくそのデータを取るための調査だと思われます。
もし、このような電話が迷惑に感じた場合は、次回から電話を掛けて来ないで欲しい旨と、テレアポのリストから削除して欲しい旨(再勧誘の禁止について)を併せて伝えておくのがオススメです。


ビジネスフォンの営業電話と特定商取引法について

営業電話と特定商取引法について

営業電話を受けた時、まずは相手の業者が特定商取引法(以下、特商法と記載)の第16条を守って電話を掛けてきているか内容について注意してみてください。
特商法の第16条では、電話勧誘を行う際には「事業者の氏名(名称)」「勧誘を行う者の氏名」「販売しようとする商品(権利、役務)の種類」そして「契約の締結について勧誘する目的である旨」の4点を電話口で伝えなければならないといった決まりが定められています。
そのため、もし電話口で上記の4点のうち1点でも伝えられていないことがあれば、特商法を守って営業活動がされているとは言えません。
例えば、本当はビジネスフォンを販売する目的の電話なのに「電話機の調査」と名乗っている場合、上記4点のうち「販売しようとする商品の種類」を正確に述べていないという事になります。
もし、特商法で定められている項目を守らない営業電話が掛かって来た際には、法律違反であることを理由にお断りして構わないかと思われます。


ビジネスフォン・電話機リース営業に関する同様の事例について

最近は、「電話機の市場調査」や「部品交換が必要」と称する電話機リース業者からのビジネスフォン営業が多数掛かってきているようです。
【05053057976】からの着信は、電話機の市場調査と称する営業電話
05053057976【050-5305-7976】からの着信は、電話機・オフィス機器の市場調査と称する営業電話となります。 ここでは、上記の電話番号情報と営業電話の対応方法について詳しくお伝えしていきます。 【05053057...
上記の記事でも同様の事例について詳しくご紹介していますので、今後の電話対応にお役立て頂けると幸いです。


誤解を与える営業「基本料金がなくなる」に注意!


最近、通信回線業者の電話営業で問題になっているのが、「基本料金がなくなるご案内」といった事実とは異なる営業文句を使っている業者の存在です。
通信回線を契約していれば、使っているかどうかに関わらず毎月一定の基本料金が取られる訳ですが、それが無くなるかのような説明をし、消費者に誤解を与える営業を行っている電話営業のアポインターがいるので注意が必要です。
確かに、回線の乗換を行えば、現在契約している回線会社(仮にA社とする)を解約することになるため、それ以降のA社の基本料金は無くなります。
しかし回線の乗換後は、乗換先の新しい回線業者(仮にB社とする)の基本料金が今後は掛かってくることになるため、「電話の基本料金がなくなる」というのは消費者に誤解を与える説明となり不適切です。
こういった誤解を与える表現を使い、回線の乗換をすすめてくる営業電話にはくれぐれもお気を付け下さい。


通信回線営業の電話対応法 まとめ

電話やインターネットなど通信回線に関する乗換営業の電話が掛かって来た際、仮に興味がない場合は対応しても時間の無駄になってしまいます。
いきなり電話を掛けてきて「回線料金がお安くなります」と誘われても、詳しい情報がよく分からない状態ですし、何より比較検討する十分な時間もない中、話に乗って易々と実施するにはリスクがありすぎる案件です。
ですので、少しでも不安に思っていたり興味がない・必要がないと思った場合は「必要ありません」とはっきりお断りするのが営業する側・される側の両者にとって最も良い対処法となります。
営業電話の対応は「明確な意思表示をする」ということが大変重要になりますので、普段断るのが苦手な方でも、ここは思い切った対応をお勧めします。